G20 Labour and Employment Ministers' Meeting in Matsuyama・Ehime 2019.9.1SUN・2MON

プライバシーポリシー
G20の概要

G20愛媛・松山労働雇用大臣会合について

G20の概要

 G20サミットとは、G7(フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、欧州連合(EU))に加え、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、メキシコ、韓国、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコの首脳が参加して毎年開催される国際会議で、正式名称は「金融・世界経済に関する首脳会議」といいます。

 リーマン・ショックを契機に発生した経済・金融危機に対処するため、2008年に第1回「G20金融・世界経済に関する首脳会合」(G20サミット)が開催されました。以降、2010年まではほぼ半年ごとに、2011年以降は年1回開催されています。

 

外務省「G20(金融世界経済に関する首脳会合)」

 

G20愛媛・松山労働雇用大臣会合

G20愛媛・松山労働雇用大臣会合は、経済危機からの回復において「質の高い仕事を回復の中心に置く」ことが合意された2009年9月のG20ピッツバーグ・サミットの指示に基づき設置された分野別閣僚級会合です。

2019年の「G20愛媛・松山労働雇用大臣会合」では、G20各国の労働雇用担当大臣をはじめ、30を超える国や機関の代表者が来県し、世界の雇用情勢や労働問題について議論します。

日程:2019年9月1日(日)・2日(月)

会場:ANAクラウンプラザホテル松山

厚労省「G20保健大臣会合・労働雇用大臣会合」